« 支笏湖カヤック | トップページ | 豊平山(焼山) »

2014年10月 1日 (水)

朱鞠内湖キャンプ場

9/27~9/28朱鞠内に行って来ました。

ずっと行きたかった場所です。

宗谷地方は初めて足を踏み入れる未開の地。

なぜ行けなかったかと言うと…遠い!

最近は、ぼうずたちが長い車内でも我慢できるようになってきたので、長い距離の高速道路を走って、

01563c894acf4f4525b9d250ff730aac637






車内から見た雪をまとった旭岳。







途中何度もSAに泊まり、3時間半でやっと到着。

0149a9c13d0869e899959ef5834d62ef432

湖方向から見た管理棟。

全体がとってもキレイに管理されています。

管理人さん、60代くらいの方でしょうか。

白髪まじりの長髪がいい雰囲気で、そして元気に初めて来た私たちを出迎えていただきました。

「今朝は、3.5℃だったから、暖かくしてくださいね。キツネもうろうろしているから、ゴミと食べ物には気をつけて。」と声をかけてくださいました。

3.5℃か、寒っ!

01725fb019fed261a1d560731d480fbe365


さわやかトイレと書いてあります。

うそじゃなく、ほんとにキレイでした。

野営場的な場所によく行く我が家のメンツはキレイなトイレにびっくりです。

01bbe11a9a6bbd6cc4a5519ac688e33d9c5

時期の割に、キャンパー多し。

釣りとカヌー目的の人々。

 

0134c18031cced10955c0e1567c49596f5b

01b51d0e699632c1617f90dbe6aee8c8a9a

第一サイトは、ボート乗り入れ場所が近く、比較的開けているところ。

第二サイト・第三サイトは林間。

第三サイトは、テントを張れる場所が少なく、選ばれし物だけが入れる場所という印象。したがって、静かだし、湖畔を独り占めの気分。

我が家は、第二サイトを選ぶ。

起伏が激しく、車高の低い我が家には厳しい道のりを湖畔へ降りていく。

01c09dcb814da725ab8d3e5eefa1e5e890d

サイトごとに段々畑のようになって、木が垣根のようになっているサイト。

011f61fd20abb1f286dbc9b9d579a234a7d

メンズがカヤックで湖へ出ている間、テントを設営し、夕食の準備。

018ecbb06096796ac0927bf0e9e2e7dfb4e

葉っぱも色づき始め。

0146bbb3b12bcab2af24c5564b733238d3e

島も黄色くなってきてる。

湖から帰ってきたら、晩ご飯。

01f2874ce1006232e5e7eeebcae544dd296

016c674ea34ef10034aa887bfc208281151

01ddf36f6cbeef73b4b6562b4e1c39a0e_2

寒いことを想定し、あったかいスープ。

おいしかったボロニアソーセージ。

十勝ですが…。

自宅近くのスーパーで買った…。

014fa0ad54276cef5e91ef57d0911026b_2

夜中から雨が降り始めた。

朝、カラスの鳴き声が聞こえる。

テントから出ると、ジッパー付きのソフト保冷庫が開けられ、食べ物が散乱!

朝のパンが跡形もなく、カラスの朝ご飯となっていました。

管理人さんのアドバイスがあったのになぁ。

01d91dd65a12a0fb1ea09acc9cb23be7b_2

雨上がりなので、緑が映え、さわやかな空気。

思ったよりも温かく、気温は10℃。

012ceadae2e780134d09a4624c73e18cb_2

019d1e27b8455e6f8451049162045555be8

01288209be515e9f581a968113221c1b6_2

気を取り直し、カヤックで島へ。

一応、釣り券を自販機で購入し、ロッドも積む。

01e45b21741150b6d02150dc071d89567_2

01980f2968b22e5d8ecb1696c1781792a_2

01421e9698092a878a4f24f24c9189ccd_2

01754378a6bbf47eff09ad075fade2e3e_3

01b5d21e2060bdc4a875f3dc684e2f5ae_2



 

三人で乗り、

まっすぐ向こうの島へ、

どんどん、

011b9ea008ebb0f27bd4b15a8293c60a0_3

もっともっと、

01d70b4c18128d3d678ffaf464b77d1fc_2

漕ぐ。

ここは、カヌーイストが多く、カヌーの聖地という感じ。

釣り人もたくさんおり、ボートを出す人もいる。

でっかいイトウがたくさんいるらしい。

テントを撤収したら、まもなく雨が降ってきた。

大雨の予報に間一髪。

帰り道、剣淵道の駅で昼食。

安い!!

017cea739ca38867781ddc1e4d3819c6fc6

雨上がりの虹。

低くて届きそう。

01fff927cda9a9fb3da054dcba4bcb96cd5






晴れてきた。

朱鞠内、サイトの起伏が他にない感じで、行くたびに違う景色を楽しめそう。

施設はキレイに整備されていましたが、サイトに炭が捨てられていたりして、利用者のマナーがいまいちなのかな。

それと、サイトに動物の毛をよく見かける。

同伴の飼い犬か、管理人さんの言うウロウロしているキツネ?

エキノコックスも心配なので、キャンプ中はよく手を洗いましょう。

« 支笏湖カヤック | トップページ | 豊平山(焼山) »

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

初めまして^_^

朱鞠内湖のブログ検索してたらたどり着きました!
ビックリなのが、この日は自分も第二サイトでソロキャンプしてたんですよー^_^

しかも、同じスノピのテントだったんで記憶に残ってて^_^笑

自分も朱鞠内湖が大好きで、毎年キャンプしにくるんですが、今年は息子が産まれたてだったので、一人キャンプでしたT_T

嫁さんの許可が下りれば、最後にもう一回朱鞠内湖行きたいなーって思ってますw

いいキャンプライフを♪

失礼しました^_^

米さん、こんばんは(o^-^o)
コメントありがとうございます。
同じ場所にいらっしゃったんですね〜!
湖畔より少し奥の方でしたか〜?
ソロでしたら、相当キャンプ好きですね。
米さんのおっしゃる通り朱鞠内のサイトは段々になっているところが他のキャンプ場とは違い、特徴的でおもしろいですよね。
季節感もあり、よかったです(・∀・)

まだまだオンシーズンなので、キャンプ楽しんでください!

またどこかでお会いしましょう(≧∇≦)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朱鞠内湖キャンプ場:

« 支笏湖カヤック | トップページ | 豊平山(焼山) »